人気ブログランキング |

タグ:ミステリー ( 4 ) タグの人気記事

「満願」

f0119179_16431231.jpg米澤穂信の「満願」を読みました。これも「ヒロ」で元テレビディレクターOさんに頂いたものですが、「羊と鋼の森」とは逆にどうも好きになれなかったです。6つのミステリー短編からなり、どれもそれなりに読み応えがあるけど、肝心のところがご都合主義というのか、腑に落ちない。
柳岡巡査長が同じ交番に勤務していた川藤巡査の殉職を綴る「夜景」。刃物を振り回す男に発砲した川藤が意図していたことが出来すぎていて、えー??という感じ。ただ、これを読んだ後で自衛官が交番にいた警官から銃を奪って発砲した事件があって、妙に怖かった。事故が頻発する峠を取材することになったライターが休憩したドライブインで店主のおばあさんに話を聞く「関守」は、オカルトテイストで不思議な話として終わるのかと思いきや、怖いのは人間だったという現実的な結末。表題作「満願」は弁護士が司法試験の勉強中に世話になった下宿の女性の借金を取立てに来た男の殺害事件を振り返る内容。正当防衛を主張したものの、あれは本当に正当防衛だったのか・・という疑問。真相に迫る推理は状況証拠としては辻褄が合うんだけど、それが起こる確率ってどれだけあるんでしょ、まして素人の女性がそこまで考えるかなぁ。どの短編もそんな感じなんですよね。バングラデシュで天然ガス資源の開発に関わる商社マンが遭遇した事件を追う「万灯」、読み終わって、あれ、これ前に読んだ気がする、「ストーリーセラーアネックス」に違いないと確認したら、やっぱりそうでした。でも最後の結末を読むまで、全く気づきませんでした。
by mmcmp | 2018-07-17 17:31 | カフェ読書 | Comments(0)

月曜の森友報道と「夜明けの街で」

f0119179_22174994.jpg今日はまず渡辺弁護士の記事をリンク。現時点での問題点がうまく整理されてます。月曜は「ひるおび」などの昼ワイドも森友を取り上げてましたが、安倍さんのスポークスマンとも言われる田崎氏の安倍さん擁護が酷くで話題に。この会食のおかげかも知れませんね。隣の伊藤さんが「しつこく頼めるほど安倍さんと親しいということになる」と突っ込んでました。そりゃ籠池さんは安倍さんの携帯番号をご存知らしい?ですしね。昨日は「週刊報道LIFE」、今日は「モーニングショー」が良かったそうで、ワイドショーも取り上げる様になって、漸くテレビとネットのタイムラグがなくなってきたと思ったら、「ミヤネ屋」の様に安倍さんはおかしな学園に利用されただけという世論操作的な番組も。菅野さんがツイートした様に今夜も会食。店の前に緊急スタンディングとの情報もあり、明日はどんな論調の報道になるのか興味深いところです。
さて、東野圭吾の「夜明けの街で」を読みました。東野作品って加害者家族を描いた「手紙」や環境問題が絡んだ「真夏の方程式」など社会的な要素を盛り込んだエンタメ性の高いミステリーが魅力だと思うんですが、これは前半は殆ど男女の不倫話で広がりが少なく物足りない。不倫相手が時効間近の殺人事件の真犯人かも・・・という後半はちょっと盛り上がったけど、結末はご都合主義というか、そりゃないでしょという種明かし。でもまあ不倫や離婚の危機も現代日本社会を反映してるから、これも社会派ミステリーなのかも知れません。クリスマスやバレンタインなどのアニバーサリーに不倫中の世の男たちは妻に悟られずに愛人女性と会う為、こんな必死の作戦を決行してるんでしょうか。奥様方はお気を付け下さい。
by mmcmp | 2017-02-27 23:31 | カフェ読書 | Comments(0)

「谷崎潤一郎犯罪小説集」

f0119179_22513578.jpg谷崎潤一郎の「犯罪小説集」を読みました。先日のNスペによるとノーベル文学賞の選考委員会から日本の作家の評価を求められたドナルド・キーンさんが谷崎が最も有力、二番が川端、三番が三島と返事していたとのこと。けれどその後、谷崎が亡くなり、川端が日本人初のノーベル文学賞に選ばれたそうです。谷崎が生きていたらなぁ・・・・。
この作品集は「細雪」や「吉野葛」等といった谷崎文学の本流とは異なり、あくまで支流ではあるけれど、日本の推理小説の元祖と言われる江戸川乱歩より前にこんなミステリー作品を残していたなんて、やっぱりすごい。乱歩も谷崎ほど刺激的な作家はいなかったと語っていたと言います。4つの作品が収められている中で、メインは何と言っても映画館で入手した暗号文を解いた園村に連れられて、殺人事件の現場を目撃する「白昼鬼語」。大正7年に書かれたものです。前の「柳湯の事件」「途上」「私」は短編で、いずれも語り手が事件を主観的に語っていく手法。だから読者はその範囲でしか物事が見えない。それゆえ語り手と共に心理的に追い詰められたり、結末に驚いたりする訳です。前の3作でそのことを学習しているから、ラストの「白昼鬼語」では話が出来過ぎ、なんか裏がある・・と思って語り手の言葉を半ば疑いながら読むことになるけど、どんでん返しは思ったのとは違って、意外と単純。でも、穴から部屋の中を覗いたり、謎の女性が艶っぽい美女だったりと谷崎らしさに溢れていて、独特の世界に引き込まれます。言葉遣いや風俗は時代を感じますが、作品の迫力や完成度は戦前の作品とは思えない。さすが谷崎です。
by mmcmp | 2015-10-17 22:50 | カフェ読書 | Comments(0)

「新参者」

f0119179_2326458.jpg新幹線火災が起きた「のぞみ225号」って何か聞き覚えあると思ったら、「あほんだらすけ」の翌日に乗った列車でした。あの日も火曜日。背景に年金問題がある様で、社会保障削減で今後もこういう事件が増えそうな予感・・・。
さて、東野圭吾の「新参者」を読みました。400頁の結構長い作品だったけど、その前に読んだ短編がなかなか進まないのに対し、これは面白くてどんどん読める。作家の力量の差を如実に感じました。カテゴリー的にはミステリーなんでしょうけど、ヒューマンドラマに入れたい様な人の心を描いた作品です。日本橋のマンションで一人の女性が絞殺され、第一章が煎餅屋の娘、第二章が料亭の小僧、第三章が瀬戸物屋の嫁といった具合に街の人々が着任したばかりの新参者の刑事・加賀に聞き込みをされる構成で、少しずつ事件の核心に近づいていきます。どの章にもちょっとした秘密や問題を抱えている人がいるんですが、それぞれに人情があって、また一つ好きな作品に出会ったなと思いながら読んでいました。この作品は作者が好きな町である人形町を舞台にした作品を書きたいと思ったことから生まれたそうで、街の魅力を伝えるレポーター役として加賀を抜擢したとウィキに書かれてました。よしもとばななが下北沢を小説にしたかった様に、東野圭吾は人形町を描きたかったんですね。だから、街の様子や登場する人々が実に魅力的に描かれています。面と向かっては言えないけど、ホントは互いを思いやったり、気遣ったり、時には幸せな勘違いをしたり、人ってそうだよね・・と思う。加賀さんが出て来る他の作品も読んでみたくなりました。
by mmcmp | 2015-07-02 00:20 | カフェ読書 | Comments(0)