タグ:地震 ( 14 ) タグの人気記事

狂犬病予防注射しました

f0119179_23105784.jpg今日も震度5強の地震があったんですね。物資が足りないというツイッターを見て避難所に食糧を送ろうかと思ったけど、道路があんな状況でちゃんと届くのか、大勢避難されてる所にほんの少し送ってもかえって迷惑かも、赤十字には懐疑的だし・・・で、東日本の時と同じく、まずは「HANDS~1.17希望の灯り」に募金しました。たすきプロジェクトも行われる様です。それにしても、気象庁も今後の展開が予測出来ないと言ってるのに、川内原発は動かし続けて大丈夫なんだろうか? 福島原発事故の対応で色々言われた管さんだけど、浜岡原発を停めたり、翌日に激甚災害認定したり、やることはやってたよね。今回は4日経っても認定しないし、18日も「大震災級の事態にならない限り消費税は予定通り引き上げていく」と答弁って、この地震は大震災級じゃないってこと??
いつ近畿にも地震が来るかわからないので、やることはやっておこうと、月曜にむぎちゃんを狂犬病注射に連れて行きました。昨年は脱毛や食欲不振などでタイミングを逃し、結局狂犬病注射は打たなかったので、2年ぶりの接種です。原因不明の顔の腫れがあってから、予防接種打つのはかなりビクビクで、念のため薬ももらって帰りましたが、特に問題なく、食欲もあってホッとしました。写真は獣医さんの帰りの車中にて。後部座席のシートに座ってたのに、運転席との隙間に顔つっこんで、何してるんだかと思ったら、下に降りて狭い所にはさまってました。車を運転してくれる事務所のS君の近くにいるのが嬉しいんでしょうか? ま、元気だから良いけど・・・。
[PR]
by mmcmp | 2016-04-18 23:07 | こむぎ(むぎこ) | Comments(0)

備蓄をしてわかること

f0119179_23164852.jpg暑い時期に重いものを持ち帰るのが嫌で始めたミネラルウォーターやお茶のペットボトルのお取り寄せを、冬になっても続けています。一度楽したら止められないというのもあるけど、災害用の備蓄になるのも理由の一つ。料理等は水道水を使うので、あんまり減らないから、最近は贅沢して日田天領水を取り寄せています。
数日前に水を注文した際、ついでに備蓄用のお菓子も少し買い換えておこうとリッツ缶をひとつ開けました。で、買い足すつもりが、近所のスーバーには長期保存用の缶入りタイプはリッツもマリーも見当たらない。限られた売り場面積のスーパーにとって、災害用商品って所詮は節分豆やバレンタインチョコと同じ季節商品だったんですね。震災報道が増える時期しか置く必要がないと考えている様です。災害時に温かいものが食べられる様に卓上鍋を買ってあるんですが、固形燃料を買い換えようと鍋を買った売り場に行くと、鍋は今も売ってるのに、固形燃料はありませんでした。キャンプ用品の店にいくと本格的な固形燃料ばかりで卓上用の小さなものはなく、ホームセンターならあるかもと言われたけど、わざわざ行ってないと困るので、ネットでお取り寄せ。ついでにリッツ缶も買い足そうとしたら、近所のスーパーでは見たことがない、越後製菓の5年保存出来るという備蓄用醤油せんべいを発見。醤油味のものも食べたいよね、と思って、こっちにしました。備蓄用品のメンテナンスをしてみてわかったのは、本当に必要なものはスーパーにはいつも売ってないということ。本気で欲しいものはお取り寄せする時代なんだと痛感しました。
[PR]
by mmcmp | 2014-02-05 23:40 | 宅配・お取り寄せ | Comments(2)

おいしい非常食

f0119179_23511158.jpg普段大手メーカーのお菓子って買わないし、ブログに書くこともないんですが、これは目ざとく見つけて買いました。9月1日の「防災の日」に合わせて期間限定発売された保存用の「マリー缶」(498円)。非常持ち出し袋に数年前まではカンパンを入れてたんですが、カンパンって好きではないので、賞味期限が迫ってもどうも食べる気がしない。昨年長期保存できる「リッツ缶」をみつけた時は嬉しくて、以来、カンパンを買うのはやめました。でもその後は滅多に見かけなくて残念に思ってたら、数日前からエキサイトブログの設定画面の横に「おいしすぎる非常食!?」の記事が出てるもんで、これは買わねばと思っていたのでした。
近くのショッピングセンターには「コアラのマーチ」の保存缶も並んでました。これには災害用伝言ダイヤルの手引きなんかも書かれていて便利だったけど、チョコが入ってない単なるビスケットのようだったので却下。リッツ缶のLサイズも心引かれたけど、賞味期限が迫った時にこの量を食べきるのはつらいと思い却下。同じ理由で災害時の栄養補給に最適そうな「ミルクキャラメル缶」も却下して、結局マリー缶を2つ買いました。この手の商品は「パン・アキモト」のような小さなメーカーさんも取り組んでるけど、研究開発にかかるコストや販路の広さを考えると、やはり大手メーカーがすべきことだと思います。最小ロットがどれくらい必要なのかわかりませんが、夫婦経営のパン屋さんとかにはやりたくても無理な話。震災後になくなって唖然とした防災グッズコーナーも復活してました。この機会に欲しいグッズを揃えておきましょう!
[PR]
by mmcmp | 2011-09-01 00:23 | 京都でお買い物 | Comments(0)

震災4ヶ月、食の安全を考える

f0119179_0401835.jpg震災から4ヶ月、東北も梅雨が明けたんですね。夏本番。思うように瓦礫処理の進まない沿岸部では悪臭が一層激しくなりそうで、熱中症だけでなく食中毒などの感染症も心配です。食べ物、飲み物の常温保存は極力避けた方が良さそう。消化器科のT先生によると、夏は水あたりが意外と多いのだとか。腐敗まで行かなくても放置した水に細菌が繁殖し、下痢や嘔吐することがあるようです。
震災直後に大手パンメーカーYがパンを被災地に無償提供するニュースをテレビで見ました。Yといえば「無添加で良いパンは作れない」と社長が公言する会社。「どんな山奥のよろずやでもYのパンが売られているのはどうしてだと思う?輸送に時間がかかっても傷まないよう防腐剤がたくさん入ってるからよ」と説明すると、若い人もたいてい納得します。物流が寸断された状況では、確かに腐敗しない物資を届けることが最優先だなと、トラックが工場を出発する映像を複雑な思いで眺めていました。パンといえば「クロア」のハード系がそろそろ食べたい頃なのですが、今しばらくは無理。実は先週から歯が痛くて歯ごたえのあるものは激痛の種になります。平常時、健康な時だからこそ無添加だの、ハード系だのが美味しいと言えるんですね。現在の京都は平和な日常が続いています。でも、関西では節電ばかり強調されがちだけど、食の安全も結構危うい。東北の農産物がスケープゴートになった感がありますが、寧ろきちんと線量チェックされていれば東北産の方が安全のようにも思えます。(写真は五色沼から見た磐梯山です)
[PR]
by mmcmp | 2011-07-12 01:25 | 雑感 | Trackback | Comments(0)

愛しき日々

f0119179_1172786.jpg金曜の雨も土曜にはあがり、モモと加茂川の桜を見に行きました。週末とあって、たくさんの人が河原でお花見をされてました。数箇所でモモの写真を撮ったんですが、どこへ行っても付近の草を食べたがるので、やめさせてこっちを向かせるのに苦労しました。
この1ケ月、実にいろんなことを感じ、数々のことに気づかされました。コーギーブロガーさん達の間では既に有名な「ウェルシュコーギーがきた」というブログを、他のペットと暮らしておられる方も是非見ていただければと思います。こちらのブログを書かれていたいっしさんは、こーくんを抱いて逃げる姿を近所の方が目撃されたのを最後に連絡が取れなくなり、安否情報を求める記事があちこちに転載されていました。モモ母がこのブログを拝見したのは既にいっしさんの死亡が確認された後でした。初めての雪におっかなびっくりのこーくんの記事は3月10日の日付。更新されることのないブログに数多くのコメントが寄せられています。こーくんの無事を祈るコメントもあるけど、モモがうちに来た生後4ケ月でもまだフードは3回に分けて与えていたし、あの過酷な環境で生後3ケ月の仔犬が生きられる可能性はゼロに近い。もってこい遊びをするこーくんの動画を見て、モモもこんな頃があったなぁと思い出されました。ブログには情報を伝える、出来事を日記として残す役割のほかに、こーくんが生きた証、いっしさんとこーくんが出会った証でもあるのだと思いました。雪の日といえば雪の中で撮ったモモの動画を思い出し、久々に眺めていると今までお気楽に見ていた映像も切なくなってきました。獣医さんによると、おそらくモモは今、病への坂を上っているところだろうということでした。震災から一ヶ月、モモと河原を歩きながら、来年も必ず、出来れば再来年も一緒に桜を見ようね、と思うモモ母です。ペットと暮らすあなたも、あなたとペットとの日々を大切に・・・・。
[PR]
by mmcmp | 2011-04-10 01:51 | モモ | Trackback | Comments(2)

また食べたい!

f0119179_0205380.jpg震災から3週間、このところよく目にするのが経済をまわすだの消費活動だのという言葉。確かに日本経済を維持することは大切だと思います。でも、消費する側まで使ってるのに何となく違和感を覚えます。美味しいものを買ったり、飲食店に行くことだって間違いなく消費活動だけど、モモ母は経済をまわすために呼びかけるつもりはありません。これは昔、「感無量・・」という記事に書いたので、お時間のある方は是非読んでいただきたいのですが、回復する、元に戻す、良い状態にするという言葉が語源の「レストラン」は、人を元気にする場所という意味。美味しいものを食べて幸せな気分になったり、嫌なコトを忘れてリラックスした時間を過ごした対価として料金をお支払いするワケです。誰かを支えるには支援する側が元気でなくてはいけない。だから被災してない人にも元気になる場所や時間が必要だと思っています。外食が経済活動というなら、被災地で営業を再開した飲食店を食べ歩いてレポをするくらいの心意気が欲しい(そういうブログをご存知の方は教えてください)。物理的に無理なら会津のお酒を飲むとか、出荷制限されてない野菜を積極的に使う方が被災地の人は喜ぶんじゃないかと思うんですが・・・。
2月の「昼行燈サロントーク」に参加してくださった盛岡在住のイラストレーターKさんから、この時も「光源社」のお店「モーリオ」の「くるみクッキー」をお土産にいただきました。Kさんから以前いただいたことのある「かもめの玉子」のメーカーさんは本社が壊滅状態で営業再開のメドがたたないとサイトに書かれてましたが、「光源社」や製造元の「横沢パン」はどうなんでしょう?仙台の光源社は営業を再開されてるようですが、モーリオは様子がわからず、気になっています。素朴でしみじみ美味しい「くるみクッキー」や仙台「賣茶翁」さんのこだわりの「みち乃くせんべい」を是非また食べたいと思っています。
[PR]
by mmcmp | 2011-04-03 00:51 | いただきもの | Trackback | Comments(6)

全部食べて欲しいんです・・・

f0119179_22141442.jpg最初にお断りしておきますが、この記事は以下に紹介する募金先を薦めるワケではありません。なのでリンクもしていません。例えばケガをした人にホールケーキを届けてもらうようお願いしたのに実際に届いたのは1切れだったらモモ母はイヤなんです。何切れ届けるかは人によるし、1切れでも百人が送れば100切れになるから大勢が送るのは良いことです。届ける人だってガソリンや労力が必要です。でも、モモ母より懐具合の良い方への謝礼は後回しにして、今はケガをした人にわずかなケーキを全部食べて欲しいんです。
先週ネクサスの記事を書いた時にはモモ母は募金はせず、個人のルートで小規模でも確実な被災者支援をしたいと思っていました。でも、あまりの惨状に、ネクサスに出演する俳優さんの1人が阪神大震災の時に尽力されたことを思い出し、久々にブログを拝見しました。「阪神淡路大震災の時も、全国・全世界の方々から多くの支援金が送られましたが、直接被災された方々に手渡されたお金はわずかでした」と彼の団体は募金を現地で活動するボランティアを通じて全て手渡していることがわかり、ここだ!と思いました。とは言え、彼らだって霞を食べて生きてるワケじゃない。調べてみると団体への支援は別に募っておられました。同じように町の復興と被災者の生活支援を分けて義援金を受け付ける自治体窓口もありましたが、自治体自体がまだ十分機能してないだろうし、お役所は決済まで時間がかかるだろうし・・と一週間迷いました。決め手は阪神から被災地入りしている方の報告ブログで避難所は勿論、自宅などで生活する人も広く支援対象とすると書かれていたこと。うん、まずは阪神で震災を経験する災害のエキスパートに届けてもらおう!と震災から2週間たった金曜、漸く郵便局から送金しました。寄付金控除の領収書もお願いしました。ちなみに街頭募金でも領収書ってくれるんでしょうか?(写真は左京区のカフェCで撮影したものです。本文と全く関係ない使い方でスミマセン・・・)
[PR]
by mmcmp | 2011-03-25 22:56 | 雑感 | Comments(0)

忘れてましたっ!

f0119179_2244571.jpg昨年末に行った今出川の「樹々丸」さんの記事を書くのをすっかり忘れてました・・・。お願いしたのは「今週のご飯セット」(900円)です。お店のブログにはその週のセット内容がお知らせされてますが、もうとっくに削除されてるくらい昔。行った時は「豚肉と厚揚げの豆鼓醤煮込み」でした。じっくり煮込んだ感じがとってもほっこりするお味。小鉢の人参が見事にシャキシャキで、家ではこんなにうまく出来ないので、感心しながらいただきました。
震災後、派手なことは不謹慎だと言われる一方で、いつも通りにすることは不謹慎じゃない!という声も聞かれますが、モモ母は状況とその人の「いつも」具合によるだろうと思います。普段外食は滅多にしないけれど、父の入院中は一人分の食事を作るのが面倒なので、「和楽」にも行ったし、「むとう」での会食は良い息抜きにもなりました。でも、病院食を食べる父を残して数万円のディナーを連日食べ歩くのはどうでしょう?宮城県の70代の女性にお電話したところ、物資が届く避難所の方が寧ろ恵まれていて、自宅生活者は毎日店に何時間も並ばないと食料品が入手できないとのこと。そんな時に西日本は被災してないし、食べ歩きが趣味だからといつも通り高級料理店で美食三昧しようというのは、モモ母には不謹慎に見えます。不謹慎とは「つつしみがない」という意味だと書いていたブロガーさんがおられました。西日本のモモ母たちもライフスタイルを見直す良い機会を得たようにf0119179_23445485.jpg思います。ストレス発散のため、時にはハレの行いとして豪遊が必要ですが、ハレとケを心得た京都人のケ(日常)の多くは、慎ましやかだろうと思います。自粛してガマンするとストレスがたまるけれど、慎みのある人の暮らしぶりは、さほど不自然なものではないと思っています。
★樹々丸
今出川小川東入
075-432-8607
11時~20時(日~18時)
月たまに日休
http://www.jujumaru.com/
[PR]
by mmcmp | 2011-03-23 23:52 | 京都のカフェ | Trackback | Comments(2)

ネクサスのススメ

f0119179_1151291.jpg震災から一週間、ブログでは無力な自分にも出来ることをと思って募金した、みんなも行ってくれ!といったメッセージをよく見ます。勿論、募金するのは良いことだけど、どうも最近、日本人は横並びであることを自分にも他人にも求めてしまうようで、そのうち募金しない人は善意がないと言われるのではと心配です。既にそうした気持ちにつけ込んだ義援金振り込め詐欺も起きているとか。そもそも自分に出来るのは募金だけって本当でしょうか?より良い商品を研究開発したり、より安全なシステムを構築したり、社会が少しでも前進するために力を発揮できる場が誰にもきっとあるはずです。子育てを終えた年金生活者は義援金を出すのはつらいかも知れないけど、逆に経済的な援助があれば親をなくした子の里親になれるかも知れない。学生は将来社会に貢献できる仕事に就くように考えられる。自分が募金したお金が具体的にどこでどう使われるかには案外無関心なものですが、自分ですることは結果が見える。
で、漸くタイトルの話題。昨年モモ母がはまった「ウルトラマンネクサス」で孤独な戦いを続ける姫矢に対して何もできない主人公が無力さを嘆いた時に隊長は言います。「見てるだけしかできないなら、最後まで見守ってやれ」。これ、できそうでなかなか出来ない。戦争のことは8月、阪神大震災のことは1月しかやらないように、今回の地震もやがて必ず3月しかメディアでは取り上げなくなります。でも、見てるだけしか出来ないと嘆くなら、あなただけはいつまでも見守ってあげてください。ススメと言いながら、「ネクサス」は画像が暗く怪獣がグロテスクなので子供にはススメないし、街が破壊される場面がなくもないので、大人も今は見ない方が良いかも知れない。でも、見た人には最終回の言葉がきっと胸に残ることでしょう。モモ母は多くのことをこのマイナーな特撮作品から学びました。ちなみにネクサスとは、「絆」という意味です。
[PR]
by mmcmp | 2011-03-19 12:19 | 雑感 | Trackback | Comments(2)

窓の雪を眺めながら・・・

f0119179_1232148.jpg新大宮の「03スローカフェ」に行きました。奥の席に先客がおられたので、久し振りに窓際へ。「アンチョビバターのスクランブルエッグプレート」(550円)とコーヒー(380円)をお願いしました。震災以来初のカフェタイム。運ばれて来たコーヒーが実に良い香り。続いて入ってこられたお客さんがオーダーされたココアの甘い香りも漂ってきて、ほっこりしました。エッグプレートはモモ母お気に入りのパンも2つついて遅い昼食にピッタリ。スクランブルエッグはモモ母には塩気が強すぎましたが、アンチョビバターって卵と合うんですね。
窓の外は雪。京都でもこんなだから、被災地はさぞかし寒さが堪えるだろうと思うと、一刻も早く必要な物資が届くことを祈るばかりです。2月の昼行燈サロントークでは町家特有の寒さを和らげるため、湯たんぽやひざ掛け等を使っていただきました。電気ひざ掛けなんていう優秀なものもありましたが、後でサーモスタットがもっと小さくならないものかという話になりました。そういえば、iPodだの何だのとどんどん小型化してる割には20年前と変わらない感じ。コードも邪魔だし、充電式とか電池式があれば被災地でも便利なのに・・・と思って帰宅して調べたら、充電式ひざ掛けというのも市f0119179_225425.jpg販されてました。モモ母が考えそうなことは、とっくにメーカーさんもお考えです。でもまだ温かさは不十分みたい。情報機器ほど開発予算が取れないのかな?そう思うとカイロは優秀です。どうか被災地の低体温症対策が十分行なわれますように。
03 slow cafe
紫竹西桃ノ本町
075-204-4901
11時~21時30分  木休
http://ameblo.jp/03slow-cafe/
[PR]
by mmcmp | 2011-03-17 02:06 | 京都のカフェ | Trackback | Comments(0)