タグ:憲法 ( 4 ) タグの人気記事

「マンガで再発見 こんなにすごい! 日本国憲法」

f0119179_11581478.jpgかもがわ出版の「こんなにすごい!日本国憲法」を読みました。子供向けに日本国憲法を紹介した5巻シリーズですが、大人も読んでおきたい充実の内容です。国民主権、自由権、社会権など、そう言えば習ったけど、大人になった今、改めてその意味、重要性が理解出来る気がします。これはモモ母が学生時代、いい加減だったからかも知れませんが・・・。大日本国憲法との比較が随所にあったり、みんなで校庭を使える様にルールを作るといった子供にわかりやすい例で説明したり、日常生活に今の憲法の考えが反映されてることがよくわかります。
憲法が保障する自由や権利は国民の不断の努力によって保持しなければならないと12条に書かれるけど、不断の努力してる国民が今、どれほどいるか・・・。そう言えばそう習ったなと思い出したけど、憲法は国民ではなく、権力、つまり政府を縛るもの、それが立憲主義でした。権力は暴走しがちだから、三権分立して互いに牽制してるんでした。このシリーズを監修した憲法学者の上田勝美さんは、「改憲ムードが高まっているけれど、改憲派も護憲派も大半は新聞や評論家の論調が頭にあるだけで実際に条文を読んでない、それでは困る」とおっしゃいます。自民党の改憲案が天皇を「象徴」から「国家元首」に地位変更したり、「個人」と書かれた表記を個を尊重しない「人」に変えようとしていることをご存知でしょうか? 今の憲法はどう言っていて、どう変えようとしているのか、きちんと知って議論すべきですが、その入門としてこのシリーズは平易でわかりやすい。ただ5巻セットで12500円もするので、個人購入は厳しい。興味があf0119179_12465715.jpgる人は近くの図書館にリクエストしては如何でしょう? ちなみに先月の同志社大学の卒業式で大谷総長はこんな祝辞を贈っていました。京都の法学者の方々に今後も注目したいと思います。(以下のサイトから立ち読み可能です)
http://www.kamogawa.co.jp/tokusetu/tokusetu_kenpo.html
[PR]
by mmcmp | 2015-04-09 12:48 | カフェ読書 | Comments(0)

みんな♥なかよし

f0119179_2383590.jpgここ数年アークのカレンダーを買ってたんですが、2015年は「みんな♥なかよし憲法9条カレンダー」にしてみました。朝日の会見とマスコミの論調を問題視するのは池上さんか海外メディアくらいという状況に危機感を感じ、戦後70年の年にはこのカレンダーをと思ったのでした。予感的中、突然の解散総選挙を経て今回のイスラム国事件。まさか短期間でここまでになるとは思いませんでした。
今回の事件、民主党政権だったらもっと下手くそだったかもという気もしますが、そもそも民主党の首相なら事前に知っていながら中東には行かないだろうし、イスラエルの旗の前であんな挑発的な演説はしない。行く前に安倍さんはこんなこと言ってたらしいですね。同じ自民党でも某元首相だったら、こんな結果にはならなかったという人もいます。選挙前、これは歴史的な選挙になると思ったけど、今回のことは選挙によってこのタイミングで安倍さんに政権を委ねた私達、対極になれなかった野党、日本の大人全員の責任の様に思います。当時、東京オリンピックまでは戦争はやらないと思ってました。確かに戦争はやらないかも知れないけど、国内でテロが起きる国にはなりそうです。オリンピックまでには再稼働してるかも知れない原発が標的になったら、「屈しない」と言葉で言ってるだけで済むのか? 勿論、人道支援は必要だけど、実際に紛争地で地道に活動する支援団体の日本人達の危険度は、これで一気に増した訳で、寧ろ支援の妨げなんじゃないかと。国内の快適な店で美味しいもの食べながら、過酷な地で働く彼らを窮地に追い込んで申し訳ない・・・。では、そんな私達に何が出来るのか? 選挙の時、サーカスコーヒーさんが投票を呼びかけておられたことを最近知りました。のばら珈琲さんは忌野清志郎の音楽をかけておられました。テレビに出た時に「政府批判は控えろ」と複数の局から言われたとツイッターでマスコミの実情をつぶやいてる人も。官邸前でデモが起きててもマスコミは報道しませんが、自分たちが出来る小さな行動で、心の中に"I am not ABE"のプラカードを掲げて行く時なのではないかと思います。古賀氏の真意、長いですが、是非お読みください。
[PR]
by mmcmp | 2015-02-05 00:30 | 京都でお買い物 | Comments(2)

よ~く考えてみよう・・・

f0119179_2236580.jpgなかなか更新出来なくてスミマセン。しっかり考えて書かないとと思うので、今日は予告編的に雑感を綴ります。今回のイスラム国の事件。本当に残念な結果になりましたが、後藤さんの死を悼む声が大きく上がる一方で、湯川さんのことは殆ど触れられない。中東の現状を伝えようとした後藤さんと違って湯川さんは勝手に危険な地域に行った軍事オタクだから・・・と思ってる人が多くないですか?正直モモ母もちょっと思ってしまいました。奪われた命の重さに差はないのに・・・。なんでそう思っちゃったんでしょう? そもそも単なる軍事オタクが一人で危険なシリアに行けるのか? 野球ファンがアメリカにメジャーリーグ観に行くのとは訳が違います。メジャーリーグ観戦だって多くの人は自分で手配しないで旅行代理店に頼む訳ですよね? 湯川さんは経営していたミリタリーショップが倒産して、お父さんが借金を返したと言うのに、昨年だけで何度も中東に行く旅費は誰が出してたの? 湯川さんの会社の役員だった自民党の人などが援助した可能性は? 湯川さんが注目されるとマズイ理由でもあるのかな? モモ母が周囲の人に聞いても誰も答えられない、というかそんなこと考えたことなかったと言うんですよね。人が抱くイメージは、意図を持って流される情報に簡単に左右される。デコイを置くと本物のカモが寄ってくる様に行列が出来るドーナツ屋さんのことを話題にした時、食べ物はそれで良いけど、国の将来を左右することは・・・と書いた、それが今、起こっている気がします。
最初の動画が公開され、政府は交渉ルートがないと言っていた時に、NHKがイスラム国の広報とやりとりしたメールがニュースで紹介されて、なんでこんなやりとりが出来るの?と不思議に思ってたら、後藤さんはテレビ局に取材依頼されてた様で、漠然と湯川さんを探しに行ったのではなく、事前にアポを取ってメールでやりとりした後に出かけた。だからイスラム国とメール交換出来るんだ・・・とわかって納得。でも、そのルートがあるなら政府はなんで直接交渉しなかったと言うの? 誰かモモ母の疑問にわかりやすく答えて欲しいです。みんな疑問に思うことを忘れちゃった訳じゃないよね?
[PR]
by mmcmp | 2015-02-02 23:36 | 雑感 | Comments(0)

歴史を生きる

f0119179_23285748.jpg今日の選挙は戦後最低と言われた前回を下回る投票率になりそうとのこと。周りでも危機感のなさ、特に若い人の選挙への関心の低さが気になります。これまで支持する人がいない時は白票を投じることもあったし、今回も特に支持する人がいる訳ではなく、比例区の投票先もまだ迷っているけど、でも事前調査で予想されてる様に与党が3分の2の議席を獲得したら、どういうことが起きるかを考えると、白票はマズイ。「今回が戦争前の最後の選挙だ」と言った人がいます。モモ母は少なくとも東京オリンピックが終わるまでは戦争はしないだろうと思ってるけど、それでも今日の選挙が後の歴史の教科書に載るであろう大きな意味を持つ選挙になることは間違いない。自分が歴史の大きな渦の中にいることを痛感しています。
原発の危険性を一貫して訴えて来た小出裕章さんは「騙されたあなたにも責任がある」と言い、出征する婚約者を「いってらっしゃい」と送り出した岡部伊都子さんは、自らを戦争に加担した「加害の女」とおっしゃいました。選挙に自分一人が行った所で流れは変わらないかも知れない。でも、投票に行かなかったとしたら、与党を大勝させてしまうその人の責任は重い。そのことに気づいた時にはもう後戻り出来ない所まで進んでしまう訳で、せめて今、これまでにないことが起きていると気づいている人達が行動するしかない。圧力が大学にも及びマスコミの萎縮は更に進んで、集団的自衛権の行使が容認され、次は憲法改正に向けて地すべり的に動き出すであろう日本。その方向を決定づけるのが今日の選挙。日本人一人ひとりの意識が試される時だと感じています。
[PR]
by mmcmp | 2014-12-14 00:58 | 雑感 | Comments(0)