タグ:東京 ( 278 ) タグの人気記事

あたたかさに満ちた余韻

f0119179_1154568.jpg「あほんだらすけ」のお煎餅とCD買えば良かったねと話していたら、一緒に観劇した自由が丘在住のTさんが千秋楽にわざわざスズナリまで行って購入し、モモ母にも送って下さいました。丁寧に梱包して下さったので、6枚入った草加煎餅は1枚も割れず。CDは時間無駄之介とロスタイムスの今年の演奏「明日から・・・わたし」や千葉和臣さんの「ママのお店は今はない」などが入って、ファイナルの良い記念になりました。
劇団のTwitterに山口良一さんの草問(草間でなく草問らしい)彌生!!とハイジの小道具の写真がアップされてました。ブランコ持って走る山口さんのハイジのコントは秀逸でしたが、ほんの数分の為に作られた小道具の手作り感が好きでした。人情喜劇では亡くなった人との交流が描かれましたが、ここ数年身近な人がかなり亡くなったからどうしても意識すると大森ヒロシさんが書いてます。特に後輩の能見達也さんの早すぎる死は衝撃でした。チラシをよく見ると2019年の31回公演のポスターに客演・能見達也と書かれてるのも、彼を仲間として大事にする気持ちが伝わってきます。終演f0119179_1462076.jpg後は出演者総出で客出し。そんな手作りのあったかさが魅力だったし、お煎餅とCDを送ってくれたTさんや留守中のむぎこの世話をしてくれた事務所のSくんやヒメママさんの優しさを改めて思う。人の情を感じる観劇でした。
[PR]
by mmcmp | 2018-06-29 01:58 | いただきもの | Comments(0)

ずっとずっと・・・

f0119179_1115745.jpg六本木の「青山ブックセンター」が25日で閉店とのこと。上京前知ってたらのぞいたんだけど、報ステで初めて知りました。深夜もやってたから父がよく利用してました。モモ母は渋谷や吉祥寺のバルコブックセンター派でしたが、渋谷に続いて吉祥寺も7月に閉店するんですね。こちらもオープンは1980年だそう。時代の流れを感じます。
「あほんだらすけ」を観た翌日、吉祥寺パルコ近くの「くぐつ草」に行きました。ロンロンがアトレになってからも吉祥寺に行ってるけど、井の頭線改札を出た辺りの風景が激変してて、驚きました。「レモンドロップ」も「ファンキー」も別の店みたいになってて、「くぐつ草」が学生時代と変わらないのが本当に嬉しい。地下への階段を降りると洞窟のような薄暗い店内にジャズ。開店は1979年だそうで、パルコブックセンターや青山ブックセンターより1年早いです。モモ母はパンプディングのセット(1100円)を珈琲で。珈琲はストロングとソフトがあってソフトにしました。ソフトと言っても決して薄くなf0119179_1511924.jpgく、ちょうどいい感じ。ご一緒したNさんの「くぐつ草カレーセット」(1630円)のサラダに鳥の形の人参が添えられてるのが可愛かった。学生時代から大好きな「くぐつ草」、これからもずっとずっと変わらずにいてほしいです。
COFFEE HALLくぐつ草
武蔵野市吉祥寺本町
0422-21-8473
10時~22時 
無休
http://www.kugutsusou.info/index.html
[PR]
by mmcmp | 2018-06-26 01:53 | 東京のカフェ | Comments(0)

「あほんだらすけ30th」

f0119179_14165286.jpg記事更新が滞ってる間に二度目の上京、下北沢・スズナリで今日まで行われている「あほんだらすけ30th」を観て来ました。平成元年から続いた「あほんだらすけ」も今年でファイナル! 千秋楽は24日14時開演だから、まさに今、上演中ですね。最後だから今年はモモ母も開場時に行われる撮影OKの客入れ歌謡ショーも観て、写真撮りまくり。サルがたくさん記念写真におさまってると大森さんが書いてたから、終演後にモモ母もおサル姿の山口さん、大森さんと一緒に写真を撮って頂きました☆彡
テレビショッピングはハンガーラック、地球まるごといただき団の憧れは若き日の松原智恵子、飛び地の北山村まで追っかけていくホモネタの小日向くんといつものフォーマットですが、間に挟むショートコントも秀逸。ハイジのブランコ、フランダースならぬフラダンスの犬、ロッカーに住む?夫婦など、最初のインパクトからひねりのある落ちまで、よく計算されていてさすがです。山口さんの草間彌生はそっくりで、このtweet見て思い出し笑い。早変わりもすごいし、ハイジ役の山口さんが持つブランコや人情喜劇で使われた立つ布団など、小道具にスタッフの苦労が伺えて、みんなの力が結集して作り上げられる笑いに感動。「海援隊」千葉和臣さんが生で「贈る言葉」歌ってくれたり、「ママのお店は今はない」って千葉さんが歌うと良い曲なのねと思ったり。岡まゆみさんは人情喜劇の認知症のお母さんが泣かせました。「語る詩人のf0119179_14513197.jpg会」の大森さんの笑顔やマジック進行のボビー、子役の山口さんにもう逢えないなんて、やくみつるさんと同じ気持ちです。来年も能見さん客演でやって欲しい。お煎餅買えば良かったなぁ。
http://www.vaudeville-show.com/aho30
[PR]
by mmcmp | 2018-06-24 15:04 | 観劇・鑑賞 | Comments(0)

「打心蕎庵」も7年ぶり☆彡

f0119179_311209.jpg「シェ・かつ乃」で無事にロールケーキを確保した後は住宅街を歩いて森巌寺近くの蕎麦屋「打心蕎庵」へ。1時頃到着のつもりが以外と早く着いたせいか、店内は満員で前庭の椅子でお客さんが2組待ち。でも、せっかくだし待つことにしました。店先の暖簾を直しに出てきたご店主が待ってるお客さんに声かけ。蕎麦屋というと気難しく偉そうな主が多いイメージだけど、こちらはにこやかで腰が低い。
ほどなく中へ。待ってる間にお品書きを見せてもらっていて、季節のメニューに「すだちそば」(1500円)があったので、京都も「花もも」などで見かけるけど、食べる機会がなかったから、食べてみることにしました。すだちは食べていただけますが、苦味が気になるようでしたら出して下さいと小皿を添えてくださいました。冷たいお蕎麦に薄く切ったすだちはさっばり、初夏らしい味わい。でもさすがに多すぎて、途中からはちょっとキツくなって来ました。お出汁が薄めで関西人には有難く、白髪ネギもコシのある蕎麦と合って美味しかった。1時を過ぎてもお客さんが続き、店を出たら椅子に座れない人が立って待っていました。こちらも7年ぶりだったけど、すっかり人気店になった感じ。で、その後、「珈琲おーるど」で読書を楽しもうと思ってたのに、茶沢通りで事故があってバスが動いてなかったので、三軒茶屋まで歩くことにして観劇まで満員の「マメヒコ」でお茶。「おーるど」の方が断然ゆっくり出来たのに残念だけど、「卵熱」f0119179_3433090.jpgに遅れたら大変なので、「おーるど」はまたの機会に。
打心蕎庵
世田谷区代沢
03-5431-0141
11時30分~15時
17時30分~21時30分
土日祝11時30分~21時 火休
http://www.dashinsoan.com/
[PR]
by mmcmp | 2018-06-09 03:46 | 東京でごはんたべ | Comments(0)

7年ぶりの「シェかつ乃」

f0119179_23251672.jpg世田谷パブリックシアターで「卵熱」を観る前に渋谷から小田急バスに乗って、代沢の「シェ・かつ乃」に行きました。銀座の松屋に出している時はよく買っていたロールケーキ。上野に出してたこともあった様だけど、現在は代沢の店しかなくて、遅めの時間だと完売してることも少なくないのでなかなか行けず。支払いだけ済ませ、お取り置きしてもらえるか聞いたところ、5時半くらいまでに取りに来れるならOKとのことで、観劇後に再訪しました。ちなみに行きのバスが淡島辺りを通った時に何かお客さんがたくさんいる店の前を通りました。「やまねフランス」という毎週土曜しかやってない洋菓子店のようです。
プレーンのたまごロール(1100円)とカフェオレ(ハーフ650円)は是非ものとして、チョコと太巻きマロン(ハーフ1100円)とチョコクリーム(ハーフ615円)と迷ったけど、マロンはマロンクリームと生クリーム、栗が入ってるとのことで、そちらにしてみました。有名なのはプレーンで、ふんわり柔らかで軽い口当たりが魅力。でもモf0119179_035116.jpgモ母が一番好きなのはカフェオレ。ただ今までは生地も珈琲味の「モカ」がお気に入りだったのが、生地はプレーンでクリームが珈琲味になってました。また「シェ・かつ乃」は焼き菓子も美味しかったのに、今はロールケーキと「きみプリン」だけになっています。
★シェ・かつ乃
東京都世田谷区代沢
03-3412-0651
10時~18時(売切次第閉店)第1木休
http://blog.livedoor.jp/cktn
[PR]
by mmcmp | 2018-06-08 23:56 | 東京でお買い物 | Comments(0)

6月から22時閉店に・・・

f0119179_2311421.jpg築地で「喫茶イレブン」を観劇した後、日比谷線で銀座に出て、大好きな「銀座ウエスト」に行きました。19時からの公演が21時過ぎに終わった後でもゆっくり出来ると思って入ったら、「22時までですが、よろしいですか?」と聞かれました。23時までと思っていたのに、席について「風の詩」を見ると、6月から22時までの営業になったと書かれてました。1日だったので、この日から時間が変わったようです。
オーダーしたのは「キッシュセット」(1404円)をオーレで。キッシュは前回食べた時と比べてトマトが前面に出た感じ。エリンギやたまねぎ、ほうれん草たっぷりのやわらかなキッシュ。塩加減もちょうど良くて真面目に美味しい感じです。暫くすると飲み物のお代わりは如何ですかと聞いて下さり、欲しい気持ちはあったものの閉店時間が迫っていたので辞めておきました。金曜夜だったせいか閉店前までお客さんでいっぱい。入ってすぐのテーブルで、出来れば奥f0119179_23255861.jpgのエリアでもう少しゆったりしたかったんですが、クラシックが流れる昔ながらの端正な空間で過ごせて満足でした。お菓子類の販売は以前と同じ23時までです。と言いつつ、この日は生ケーキは殆ど残ってませんでした。
★ウエスト銀座本店
東京都中央区銀座
03-3571-15547-3-6
9時~22時
(土日祝11時~20時)
http://www.ginza-west.co.jp/index.html
[PR]
by mmcmp | 2018-06-07 23:35 | 東京のカフェ | Comments(0)

「卵を立てることから-卵熱 Recreation」

f0119179_042827.jpg「喫茶イレブン」観客動員が過去最多の1401人とか。孫崎純ちゃんの亮一さんとのツーショット、微笑ましいです。さて、築地で「喫茶イレブン」を観た翌日は三軒茶屋の世田谷パブリックシアターで山海塾の「卵熱」を観ました。山海塾の中でも一番好きな作品。1986年宇都宮の大谷石地下採掘場跡で初演された時のNHKの映像に魅せられ、DVDも購入、96年の大阪公演も観たけど、リ・クリエーション版として再演される今回は関西での上演がなさそうなことから、三茶で観ることに。
闇に浮かび上がる彫刻のような肉体、舞台上の水面に広がる波形が背景に映し出され、その美しさに魅了されます。上手には天井から音を立てて落ちる水滴、下手には音もなく降り注ぐ砂、命の誕生と終焉、そして再生を暗示させながら繰り広げられる卵との対話。卵に当たった水がしぶきをあげる様は生命の賛歌、うずくまる人に容赦なく積もる砂は役割を終えた者へのレクイエムのように映ります。音楽を含め最も好きなのが、水の中で倒れては起き上がることを繰り返すカレワラ。ソロパートは今回新たな舞踏手に引き継がれたけれど、どうしても天児牛大のそれを思い浮かべてしまいます。天児さんは唯一無二の存在であると改めて思い知らされる反面、山海塾の今後を思うとリ・クリエーションは不可避で、受け継ぐ者の決意と共に観る側も覚悟を迫られている気がしました。そうした重要な岐路に立ち会えて良かったと思います。5日、6日は「金柑少年」のリ・クリエーションが上演されます。
https://setagaya-pt.jp/performances/201806-50139sankaijuku.html
[PR]
by mmcmp | 2018-06-04 23:56 | 観劇・鑑賞 | Comments(0)

「喫茶イレブン」

f0119179_23225275.jpg築地本願寺境内にある築地ブディストホールで3日まで上演された劇団大富豪第11回公演「喫茶イレブン」を観ました。大富豪は宮原弘和が声優仲間と立ち上げた劇団。モモ母が子どもの頃からファンの田中亮一はじめコナンの阿笠博士の緒方賢一やドラえもんの水田わさびなども客演していて、ゴスロリの女子など若いお客さんたちでキャンセル待ちが出るほどの大盛況でした。
緒方さん演じる賢さんに母ちゃんとママの2人の妻がいたり、泥棒の娘が刑事とつきあていたり、複雑な人間関係で展開する新しい家族のカタチ。若手のハイテンションの演技がちょっと力入り過ぎかなとは思うけど、どの役者も全力で演じる素直さが伝わって好感持てるし、それをベテランが良い味出して支えてるし、幅広い年齢のキャストとスタッフがそれこそ家族のように一体となった素敵なカンパニーでした。ダジャレが多くて観客の反応も良かった。最近のアニメは見ないから年代的についていけないネタもあったけど、亮一さんの「あれは誰だ、誰だ!」の歌や携帯を操作しながらの「ポ、ポ、ポ、ポポンS」はウケました。後半は役者も客席も泣いて、ラストの意外なセリフにえっ!? となったり、充実の2時間でした。父娘を演じた孫崎純ちゃんのTwitterや劇団ブログのこんな記事こんな記事など、稽古の様子を見るのも楽しかった。ホントにみんな仲良さそう。また亮一さんの大富豪への客演があると良いな~。
http://gekidan-daifugo.com/
[PR]
by mmcmp | 2018-06-03 23:50 | 観劇・鑑賞 | Comments(0)

新たなお気に入り☆彡

f0119179_1217810.jpg長年お世話になっている元テレビディレクターOさんに「イナムラショウゾウ」のお菓子をお贈りしたいと思いつつ、ちょっとタイミングを逃していたんですが、お会いする機会が出来たのでお取り寄せしました。自分でも食べたいからまとめて自宅に送ってもらって送料を節約、手渡しすることに。「マロンチョコケーキ」は必須なんですが、今の時期だとコーティングされてるチョコが溶ける可能性があるため、クール便になるとのこと。ちなみに送料はクール代216円プラスの1447円でした。
大好きな「レモンケーキ」と「マロンチョコケーキ」の詰め合わせをOさんに。自分用にもレモンとマロンチョコを頼むとして、食べたことないものも頼んでみようと以前レモンケーキを下さったHさんに聞いたら、彼女は「クラシックショコラ」派だけど、一番有名なのは「抹茶黒豆」とのこと。確かにショコラは見るからに美味しそうですが、マロンチョコもチョコ系だから、抹茶黒豆を試してみることにしました。今回初めて食べた「抹茶黒豆」、めちゃくちゃ美味しい! 抹茶の味自体は「マーガレット」さんの抹茶ロールの方が際立ってると思うけど、宇治の抹茶を使ったまろやかで上品な味わい。何より丹波の黒豆が柔らかさと程よい甘さが絶妙。抹茶菓子に黒豆が入ってると、この黒豆はなくても良いのにと思っf0119179_1244449.jpgてました。黒豆が入ってる方が断然良いと思ったのは、これが初めてです。なるほど、有名なワケです。Oさん分にもチョイスすれば良かったなぁ。次からはマストです。
http://www.inamura.jp/
[PR]
by mmcmp | 2018-05-13 12:51 | 宅配・お取り寄せ | Comments(0)

アテスウェイのチョコが来た☆彡

f0119179_22572043.jpg言っても仕方ないとは言え、毎日寒いですね。今朝は家の中にいるのに、吐く息が白かったです。事務所では水が出にくかったと言ってました。
さて、東京在住の出版社勤務のNさんから「アテスウェイ」のチョコレートが届きました。母校の前にある人気の洋菓子店で、特にチョコレート系のケーキが有名なんですが、本店の隣にチョコとジェラートの「アテスウェイ グラスエショコラ」なる姉妹店が出来ていたんですね。バレンタインシーズンはきっと混むんでしょうね。もう既に混んでるかな。その中を送って頂き、嬉しいです。モモ母が好きなビターチョコを主に選んでもらっているので、どれも美味しく頂いています。中でも個性的なのが、外見も紅一点のハート型で目を引くクールフランボワーズ。中のフランボワーズが甘くて、といっても甘すぎず、魅惑的な味。チョコだけど、「お菓子」という言葉が似合う感じ。名前は不明ですが、柑橘系の入ったものも心地よい酸味とチョコが絶妙でした。少しずつ味わいながら頂こうと思うのに、つい食べ過ぎてしまいます。また西荻界隈を散策してみたいな。そうそう、Nさんによると「アテスウェイ」近くにある善福寺公園の池が凍っていたそうです・・・。
http://www.atessouhaits.co.jp/gateaux/petit_gateaux.html
[PR]
by mmcmp | 2018-01-29 23:40 | いただきもの | Comments(2)