タグ:演劇 ( 60 ) タグの人気記事

「終われない男たち」

f0119179_23264882.jpg23日まで下北沢・本多劇場で上演された劇団東京ヴォードヴィルショー第72回公演「終われない男たち」を観ました。新宿の飲み屋街で繰り広げられる群像劇。バブル時代とその後の落ち込みを経験した65歳のCM会社社長、佐藤B作演じる原田が一発逆転を狙って焼酎メーカーの会長をスナックで接待するも、ライバル会社に横取りされたり、一週間後に老人ホームへの入所が決まった老人が迷い込み、次男の嫁が探しに来たり。昭和テイストの舞台に「このままじゃ終われない」「人生、もっとパッとしてるはずだったんだけどな」「機関車のように懸命に線路を走り続けてもうすぐ終点、でもこの道で良かったのか、もっと違った景色が見られたんじゃないか」様々な登場人物の台詞がリアルに響きます。名刺の肩書きで人を判断したり、調子に乗りすぎて今更やめられなくなったり、というのもありがちな話。
作はラッパ座の鈴木聡。ヴォードヴィルへは初の書き下ろしだそうですが、「~男たち」という馴染みのタイトルもあって、創立45周年を迎えた劇団にピッタリの作品でした。中島敦彦とテイストが似ていて、生演奏があったこともあり「見下ろしてごらん、夜の町を。」を思い出させました。パンフでB作さんが若い頃「喜劇の革命児でいたい」と言ったと紹介されてましたが、見始めた頃のB作さんは確かにギラギラしてました。芝居も勢いがあって、それが落ち着いた感じになりだして、ちょっとパワーダウンしたかに見える時期もあったけど、ここ数年は年を重ねた味わいに特有のケレン味も加わって、世代をこえて楽しめる公演が続いていて、嬉しい限りです。伊藤つかさも観に来てたらしいと思ったら、暴れん坊将軍チームだったようです。そう言えばB作さん、暴れん坊将軍に出てましたね。
http://www.vaudeville-show.com/72/
[PR]
by mmcmp | 2018-09-23 23:52 | 観劇・鑑賞 | Comments(0)

「ザ・空気2 誰も書いてはならぬ」

f0119179_22293242.jpgびわ湖ホールで2日に大千秋楽を迎えた二兎社の「ザ・空気2誰も書いてはならぬ」を観ました。国会記者会館の屋上で繰り広げられるジャーナリストたちの会話。保守系全国紙解説委員の飯塚、総理に最も近いと言われる放送局政治部記者の秋月など、すぐにモデルが思い浮かんでしまうリアルな設定。ニュース番組の元アンカーで自ら命を絶ったとされる全国紙系列テレビ局の桜木でさえ、原発問題を追っていて自殺した(他殺説も)某報道番組ディレクターを彷彿とさせます。スシローならぬメシ塚を演じる松尾貴史の総理の物真似も誰かさんにそっくりで苦笑。作・演出の永井愛は実際にありえないことは書けないからと現役記者たちに内容をチェックしてもらったそうで、芝居を見たメディア関係者から「よく書いて下さった」「影ながら応援しています」とのメッセージが多数寄せられたとか。
総理が記者会見する際のQ&A原稿を記者自らが書いていた、その原稿を記者会館でコピーした際に置き忘れてしまい、他社の記者にみつかってしまうというストーリー。これ、M総理時代に実際にあった話だそうです(筑紫さん時代のニュース23で取り上げられたそう)。記者クラブ加盟社以外は入れない記者会館の屋上でデモの様子を撮影しようとする安田成美演じるネットメディア記者まひるもモデルがいて、実際に屋上に潜入したとか。「メディアをうらむな。メディアをつくれ」 というまひる、「スクープは後に続く者がなければ死にメディアになる」「人々は真実に飽きている」という官邸キャップの及川。まさにスクープが消されていく今の空気を描いていて永井愛の筆の冴えに唸りました。最後は2階席までがスタンディングオベーション。立つのが儀式化してる大阪と違って、普段大人しい滋賀の観客がこぞって立つのはかなり珍しい。びわ湖ホールで数多くの作品を観たけど、おそらく初めてです。演劇は日本の民主主義を守る力になると思える舞台。勿論、モモ母も立ちました。
http://www.nitosha.net/kuuki2/
[PR]
by mmcmp | 2018-09-02 23:54 | 観劇・鑑賞 | Comments(2)

あたたかさに満ちた余韻

f0119179_1154568.jpg「あほんだらすけ」のお煎餅とCD買えば良かったねと話していたら、一緒に観劇した自由が丘在住のTさんが千秋楽にわざわざスズナリまで行って購入し、モモ母にも送って下さいました。丁寧に梱包して下さったので、6枚入った草加煎餅は1枚も割れず。CDは時間無駄之介とロスタイムスの今年の演奏「明日から・・・わたし」や千葉和臣さんの「ママのお店は今はない」などが入って、ファイナルの良い記念になりました。
劇団のTwitterに山口良一さんの草問(草間でなく草問らしい)彌生!!とハイジの小道具の写真がアップされてました。ブランコ持って走る山口さんのハイジのコントは秀逸でしたが、ほんの数分の為に作られた小道具の手作り感が好きでした。人情喜劇では亡くなった人との交流が描かれましたが、ここ数年身近な人がかなり亡くなったからどうしても意識すると大森ヒロシさんが書いてます。特に後輩の能見達也さんの早すぎる死は衝撃でした。チラシをよく見ると2019年の31回公演のポスターに客演・能見達也と書かれてるのも、彼を仲間として大事にする気持ちが伝わってきます。終演f0119179_1462076.jpg後は出演者総出で客出し。そんな手作りのあったかさが魅力だったし、お煎餅とCDを送ってくれたTさんや留守中のむぎこの世話をしてくれた事務所のSくんやヒメママさんの優しさを改めて思う。人の情を感じる観劇でした。
[PR]
by mmcmp | 2018-06-29 01:58 | いただきもの | Comments(0)

「あほんだらすけ30th」

f0119179_14165286.jpg記事更新が滞ってる間に二度目の上京、下北沢・スズナリで今日まで行われている「あほんだらすけ30th」を観て来ました。平成元年から続いた「あほんだらすけ」も今年でファイナル! 千秋楽は24日14時開演だから、まさに今、上演中ですね。最後だから今年はモモ母も開場時に行われる撮影OKの客入れ歌謡ショーも観て、写真撮りまくり。サルがたくさん記念写真におさまってると大森さんが書いてたから、終演後にモモ母もおサル姿の山口さん、大森さんと一緒に写真を撮って頂きました☆彡
テレビショッピングはハンガーラック、地球まるごといただき団の憧れは若き日の松原智恵子、飛び地の北山村まで追っかけていくホモネタの小日向くんといつものフォーマットですが、間に挟むショートコントも秀逸。ハイジのブランコ、フランダースならぬフラダンスの犬、ロッカーに住む?夫婦など、最初のインパクトからひねりのある落ちまで、よく計算されていてさすがです。山口さんの草間彌生はそっくりで、このtweet見て思い出し笑い。早変わりもすごいし、ハイジ役の山口さんが持つブランコや人情喜劇で使われた立つ布団など、小道具にスタッフの苦労が伺えて、みんなの力が結集して作り上げられる笑いに感動。「海援隊」千葉和臣さんが生で「贈る言葉」歌ってくれたり、「ママのお店は今はない」って千葉さんが歌うと良い曲なのねと思ったり。岡まゆみさんは人情喜劇の認知症のお母さんが泣かせました。「語る詩人のf0119179_14513197.jpg会」の大森さんの笑顔やマジック進行のボビー、子役の山口さんにもう逢えないなんて、やくみつるさんと同じ気持ちです。来年も能見さん客演でやって欲しい。お煎餅買えば良かったなぁ。
http://www.vaudeville-show.com/aho30
[PR]
by mmcmp | 2018-06-24 15:04 | 観劇・鑑賞 | Comments(0)

「喫茶イレブン」

f0119179_23225275.jpg築地本願寺境内にある築地ブディストホールで3日まで上演された劇団大富豪第11回公演「喫茶イレブン」を観ました。大富豪は宮原弘和が声優仲間と立ち上げた劇団。モモ母が子どもの頃からファンの田中亮一はじめコナンの阿笠博士の緒方賢一やドラえもんの水田わさびなども客演していて、ゴスロリの女子など若いお客さんたちでキャンセル待ちが出るほどの大盛況でした。
緒方さん演じる賢さんに母ちゃんとママの2人の妻がいたり、泥棒の娘が刑事とつきあていたり、複雑な人間関係で展開する新しい家族のカタチ。若手のハイテンションの演技がちょっと力入り過ぎかなとは思うけど、どの役者も全力で演じる素直さが伝わって好感持てるし、それをベテランが良い味出して支えてるし、幅広い年齢のキャストとスタッフがそれこそ家族のように一体となった素敵なカンパニーでした。ダジャレが多くて観客の反応も良かった。最近のアニメは見ないから年代的についていけないネタもあったけど、亮一さんの「あれは誰だ、誰だ!」の歌や携帯を操作しながらの「ポ、ポ、ポ、ポポンS」はウケました。後半は役者も客席も泣いて、ラストの意外なセリフにえっ!? となったり、充実の2時間でした。父娘を演じた孫崎純ちゃんのTwitterや劇団ブログのこんな記事こんな記事など、稽古の様子を見るのも楽しかった。ホントにみんな仲良さそう。また亮一さんの大富豪への客演があると良いな~。
http://gekidan-daifugo.com/
[PR]
by mmcmp | 2018-06-03 23:50 | 観劇・鑑賞 | Comments(0)

「近松心中物語」

f0119179_18402910.jpg長らく更新出来てなくてスミマセンでした。東京・初台の新国立劇場中劇場で10日から始まった「近松心中物語」を観て来ました。蜷川幸雄の演出で知られる作品をいのうえひでのりの演出、堤真一、宮沢りえの出演で挑む話題作。蜷川演出を観てないから違いはわからないけど、往来を何人もの役者が行き交ったり、大勢を効果的に配置して物語世界を表現したり、とっても「いのうえひでのり」してました。江戸時代の人はそんなに早く歩かないでしょとか、音楽と拍子木のタイミングがずれたよねとか、気になる点もあったけど、それを上回る圧倒的なパワーを感じる舞台で、楽しめました。
堤・りえちゃんの忠兵衛・梅川ペアの様式美としての心中と池田成志、小池栄子の与兵衛・お亀の格好良くない心中の対比が良いですね。忠兵衛と梅川が出会ったと思ったら、もう心中したくなるほど恋仲だったりするけど、りえちゃんの美しさや健気さを観ると納得(でも、太地喜和子の肉感的な梅川も観たかったと思う)だし、美男美女の心中場面は絵になる。でも、実際はそんなに美しくいかないし、与兵衛・お亀の方がリアルで、コミカルさが切ない。池田成志はまさに適役。小池栄子は以前観た地味な女性と打って変わっておきゃんな(死語?)嫁っぷりが可愛い。休憩中、トイレ待ちの後ろにいたお客さんたちが「小池栄子って気がつかなかったけど、うまいね」と話してるのが聞こえてましたが、モモ母は前から気づいてました。彼女は舞台で観たいと思う女優さん。堤真一ファンのモモ母は舞台が彼の力を最も発揮出来る場だと思っていて、今回もそれを強く感じました。エンディングテーマに石川さゆりを使ったり、本当に贅沢な公演でした。
https://www.chikamatsu-stage.com/
[PR]
by mmcmp | 2018-01-13 19:32 | 観劇・鑑賞 | Comments(0)

演劇人、映画人とつながり、伝える

f0119179_1155692.jpg金曜の報ステの木村草太の「共謀罪は『テロの危険と監視社会のどちらを選ぶか』ではなく、『テロ対策という政府のウソを許すかどうか』だった」という話は秀逸でした(こちらに動画あり)。憲法学者だけに説得力あります。小林よしのりまで感動したって。
日本劇作家協会も反対表明したけど、キネ旬のツイートは炎上してお詫び。すると謝るな!とのコメントが相次ぐ騒ぎに。その中のこのコメントにすごい納得しました。テレビを主に活動する人は政治的発言を控えがちながら、前回の八嶋さんはじめ稽古に影響しそうな演劇人、映画人たちが積極的に発言するのは実に頼もしい。そう言えば、モモ母に以前から政治の危機的状況を語る友人、知人は揃ってかなりの映画通。幅広い作品を通して物事を見る目が養われたのねと今更気づきました。高村薫は「共謀罪を成立させてしまった、悪いのは全部私たち」と言うけれど、モモ母は半分は賛成、半分は反対です。だって嘘を見抜いた人がこんなに大勢いるじゃない。治安維持法で戦争や政府に反対する人が弾圧され、メディアが真実を伝えなくなった時も今みたいに嘘を見抜いてる市民は少なからずいたと思う。でも、周りに思いを同じくする人がいなくて孤立してたはず。今はネットを通じて様々な声を聞くことが出来る。「申し訳ない、未来の子供たち」と言って、「これからも徹底的に共謀するぞ」と宣言するケラリーノ・サンドロヴィッチ、「戦争体験を聞いた世代が若者に繋げられるとしたら、僕自身の態度を見せることだ」という松村武を始め、演劇人たちのつぶやきにとても勇気づけられています。演劇を学ぶ学生が共謀罪を知らないことに驚いた白井圭太は「大人は何をしている」とツイート。政治も演劇も人間がどう生きるかを考える行為だと書いています。映画は詳しくないけど、演劇好きのモモ母は思いがつながる有難さと、大人として伝える大切さを痛感しています。共謀罪が成立しても、それぞれの表現活動はこれからも続く。という訳で、週明けは久々に観劇予定☆彡あ、政治性は殆どないです・・。
[PR]
by mmcmp | 2017-06-18 03:54 | 雑感 | Comments(0)

京都労演「田茂神家の一族」

f0119179_0422295.jpg京都労演2月例会東京ヴォードヴィルショー公演「田茂神家の一族」を観ました。劇団創立40周年記念興行第五弾として2015年新宿で上演された時のポスターから客演の伊東四朗が石倉三郎に替わっただけと思ってたけど、人数も8人から6人になってました。初演は佐藤B作の故郷・福島。芝居の舞台は東北の杁(えぶり)村公民館。「えぶり」はevery、バカバカしくデフォルメされてはいるけれど、これはどこにでもありうる話ということ。歌で情勢を伝えるコロスが4人から6人に増え、導入も町長選挙の合同演説会の準備から始まる等、マイナーチェンジしていて、二度目の観劇ならではの面白さがありました。
三谷幸喜が劇団の為に書き下ろしただけあって、次男の健二が佐渡稔、三男の三太がB作、町長の弟常吉が石井愃一と登場人物がいかにも役者にアテ書きされたキャラ。その中で前町長の嘉右衛門は演者によってガラリと雰囲気が変わっていました。更に選挙コンサルタントの井口は前回山口良一が演じてたのを忘れていたほど、まいど豊がハマってました。会報によると三谷が第一稿をB作に見せると「人間が描けてない」と厳しいダメだしをされ、B作の顔を思い浮かべて書き直したら「とても良くなった」と褒められたそう。一見良さそうに見える候補が話す、何かよくわからないけど耳障りの良い政策に要注意。初演時に今の世相にぴったりだと思ってから2年経った今も、やっぱり同じことを思う。そういえば「その場しのぎの男たち」も92年の初演から何度も上演されたけど、その度に今の世相を表してる様だと言われるとか。三谷&ヴォードヴィルの社会性のあるコメディには普遍的な魅力があるということでしょうか。奈良、兵庫、大阪、和歌山、滋賀とまわった後は、石川や新潟でも上演される様です。
http://www.vaudeville-show.com/
[PR]
by mmcmp | 2017-02-12 01:40 | 観劇・鑑賞 | Comments(0)

「横濱短篇ホテル」

f0119179_2343971.jpg京都労演9月例会として21日と22日に呉竹文化センターで上演の青年座公演「横濱短篇ホテル」を観ました。マキノノゾミが青年座に書き下ろした横浜の老舗ホテル(ホテルニューグランドがモデルだとか)を舞台にした7つの短編からなる作品。第一話「ヤクザに追われて」の1970年から5年ごとに7つの物語が展開。三島由紀夫の割腹自殺やポケベルでの呼び出し、バブル景気等の世相を織り交ぜながら、各話が独立しつつ、第一幕で女子高生だった奥山ハルコと同級生柳井フミヨの30年以上に渡る人生の変遷でもあるという構成。伝統あるホテルの持つ雰囲気を活かした洒落た大人の寓話で、楽しめました。
マキノノゾミもすっかり大御所ですね。同志社を卒業後に劇団M.O.P.を旗揚げしたマキノノゾミですが、学生時代に野田秀樹やつかこうへいなどを観ていたモモ母は、何か劇画チックでイマイチ文学性に欠けるよね、と若い頃は思っていて、京都では鈴江俊郎をひいきにしていたのでした。岸田戯曲賞を受賞した鈴江作品が演劇の芥川賞なら、マキノ作品は直木賞といったところでしょうか、エピソードにチャップリンの「街の灯」を入れ込んだり、年を重ねて味わいのある作品を書く作家さんになられたんだなと、作家の人生の変遷も感じました。会報によると、演出の宮田慶子とマキノノゾミの出会いは京都だそうで、89年に下鴨の「アートスペース無門館」(現アトリエ劇研)の故遠藤寿美子さんの誘いで京都の若手女優が「トップガールズ」を上演する際にM.O.P.のキムラ緑子と林英世が出るので、マキノ氏が挨拶に来たのだとか。ああ、観なかったけど、トップガールズって、あったなぁ。黒手組の伊藤由香利とかも出てた様な・・・。無門館の遠藤さんにはラジオ番組などで度々お世話になりました。懐かしい。劇中のハルコとフミヨ、劇作家の歳月と共に、自分の歳月も振り返った夜でした。
[PR]
by mmcmp | 2016-09-21 23:30 | 観劇・鑑賞 | Comments(0)

「百枚めの写真~一銭五厘たちの横丁」

f0119179_23161792.jpg10日、11日に呉竹文化センターで上演された京都労演7月例会トム・プロジェクトプロデュース「百枚めの写真~一銭五厘たちの横丁」を観ました。出征した軍人の留守家族を紹和18年に撮影した99枚の写真と30年後の昭和48年に出会ったルポライター児玉隆也が、家族たちを探して東京の下町を取材したエッセー「一銭五厘たちの横丁」を原作にした作品。一銭五厘は太平洋戦争時のハガキ代で、それは即ち召集令状が送られてくることに通じ、更にはハガキ一枚程の安い兵隊という意味でも使われたのだそうです。
根本家では若い男達に召集令状が届き、銃後の妹は勤労動員、そして空襲で亡くなり、やがて終戦。戦後になって健男の戦友が訪れ、彼の死を告げる。特にドラマチックな展開がある訳ではなく、戦時中、多くの家族が経験したエピソードが綴られます。戦死者の多くは戦いによる名誉の死ではなく、劣悪な環境での餓死や病死だったこと、好きな人との結婚を夢見た女性が空襲で突然若い命を奪われたこと。取り乱す母親と対照的に「国の為だ」と感情を隠す父親。そんな日が来るとは知らず、戦地にいる健男に送る為に一張羅の着物を着て笑顔で写真におさまる家族たち。幸せな日々が失われた後に残された家族写真ほど切ないものはないですね。舞台には昭和18年に実際に撮影された写真も写し出されていました。残された写真には「氏名不詳」と書かれていたそうです。でも、どの人にも苗字と親が思いをこめてつけた名前があって、戦争の中を生きたそれぞれの人生があったのに。東京大空襲と戦後の復興を経て、児玉さんは「氏名不詳」の99家族すべてを明らかにすることは出来なかったそうです。自民党改憲草案は「個人」を「人」と書き換えることで、それぞれの人生を生きる個人から、国民全体として扱おうとしている。その意味を「氏名不詳」とされた人たちから感じることが出来ます。舞台の児玉は「100枚目の家族を作ってはならない」と締めくくりますが、その台詞を聞いた数時間後、国民が選んだ議員は改憲勢力が3分の2を超え、安倍さんは早速「自民党案をベースに憲法改正を」とコメント。この芝居は、いつか100枚目の家族を作るであろう道を選んだ歴史的な日に観たという記憶に残る作品になりそうです。
http://www.tomproject.com/peformance/post-157.html
[PR]
by mmcmp | 2016-07-11 23:39 | 観劇・鑑賞 | Comments(0)